トヨタランドクルーザーがメインのお店

 クルーザーランド
 

ランクル以外のミニカーショップ「クロスフォー」をオープンしました。

   
名古屋市天白区から名古屋市昭和区に店舗移転をしました。

地下鉄鶴舞線・川名駅から西へ徒歩2分、駐車場もあります。 

満車の場合、近くにコインパーキングもあります。 

 

ミニカーのボディが変形する原因

新しいミニカーは、磨きがかかっており、とても美しい状態です。しかし、新品の状態がいつまでも続くとは限りません。年月が経つごとに、製品の品質もどんどん劣化していってしまいます。

そんな中、ミニカーのボディがヒビ割れてしまったり、歪んだりと変形してしまうことがあります。ミニカーのボディは、なぜ変形してしまうのでしょうか?

プラスチック素材による変形

熱可塑性のプラスチックは、熱を加えると溶け、冷やすと硬くなる性質があります。その過程を繰り返して、様々な形状に変化させているのです。そのため、ある程度年月が過ぎると、寸法が縮んでいくようになります。

主に、プラスチック分子間の距離が縮まることが原因に挙げられますが、成形する際に発生した内部や外部の応力によって、変形する場合もあります。ボディ全体が、そのようなプラスチック素材のみで作られていると、長期保存することは厳しくなります。

ダイキャスト素材による変形

初期のミニカーは、ダイキャスト製法で作られているものが数多くあります。金属素材のため、プラスチック素材のような変形はほぼ起こりません。しかし、素材そのものに問題がある場合には、金属であっても変形する恐れがあります。

例えば、粗悪な亜鉛合金が使用されていると、「結晶粒間腐食割れ」という現象が起こる可能性が高いです。この現象が進むと、内部の腐食が徐々に進行して異常な膨張が起こり、最終的には崩壊してしまうのです。

ですが、最近のダイキャスト素材では、従来の亜鉛合金ではなく、アルミ合金に品質が向上していることから、上記のような問題はほぼ発生しないそうです。

ホワイトメタル素材による変形

ホワイトメタル製のミニカーが変形した場合も、原因は合金の素材かもしれません。ボディ全体的に細かいヒビが入る可能性がありますが、中には全く問題のない商品もあります。万が一、ボディの変形が見られた場合、使用されている素材について確認してみるようにしましょう。

劣化や変形をなるべく防ぐためにも、直射日光や極端な乾燥などからミニカーを守ってあげるようにしましょう。当店では、日産やスズキ、ホンダなど人気の国産車ミニカーを販売しております。車種も豊富に取り扱っておりますので、お目当てのミニカーを探しているが、見つからないという方はぜひチェックしてみてください。

その他にも、トヨタが製造しているランドクルーザーの新車や、中古車なども揃っております。ランクル好きの方にはおすすめです。

車検、整備、板金塗装もお受けします。 

積載車もありますので、全国引き取り・納車可能です。

ランドクルーザーの不要な部品やおもちゃがありましたらご連絡ください。

買取、委託販売も可能です。 オークションの代行出品・落札もOK。

何でもご相談ください。

 

〒466-0854

名古屋市昭和区広路通6-5

  TEL 052-846-9089

  FAX 052-846-9122

 

 

 


大きな地図で見る

    E-mail  お問合せはEメールでもどうぞ

      古物商許可証 愛知県公安委員会 第541170601800号

        

 あなたはCounter人目のご訪問となります。ようこそお越しくださいました!

setstats1

setstats1